Rehabilitation 変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は膝のクッションとして機能している関節軟骨が加齢とともにすり減っていくことで、関節内部で炎症が起きたり、関節が変形したりして、痛みや腫れを引き起こす病気です。

初期段階には立ち上がりや歩きはじめ等の動き初めに痛みが現れますが、進行すると階段の上り下りや正座ができなくなるなど、日常生活にも支障をきたすことがあります。

変形性膝関節症はロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因となる代表的な病気の一つとされています。

原因

変形性膝関節症は、明らかな原因がない「一次性」、病気やケガなど明らかな原因があるもの「二次性」として分けられています。大部分を占めているのは原因が明らかでない「一次性」のものです。変形性膝関節症は数多くの要因が重なって発症する病気で、その発症や信仰に関係している危険因子にはさまざまなものがあります。

危険因子

  • 加齢

    加齢

  • 女性

    女性

  • 肥満

    肥満

  • 筋肉の衰え

    筋肉の衰え

  • 膝への負担が大きい生活や仕事

    膝への負担が大きい
    生活や仕事

  • O脚など下肢の変形

    O脚など下肢の変形

  • 遺伝

    遺伝

治療法・リハビリ

変形性膝関節症の治療目標は、痛みを軽減して膝関節機能の改善を図り、日常生活動作を低下させないことです。治療は、主に「運動療法」と「手術療法」「再生医療」に分けられます。進行度にかかわらず、まず保存療法を行いますが、保存療法を行っても痛みが軽減せず日常生活に支障をきたす場合には、手術療法が考慮されます。

治療の基本は運動療法

運動療法は患者さんがどの進行具合であろうと、また保存的治療、手術療法のいずれを選択しようとも、変形性膝関節症の治療において重要です。国内外の変形性膝関節症の診療ガイドラインでも、定期的な有酸素運動や筋力トレーニング、可動域訓練などは強く推奨されています。基本的には、太ももの筋力(大腿四頭筋)や膝の動きの維持が中心の運動となります。

手術療法

人工関節置換術損傷した骨を削り、金属やセラミックなどのインプラントに置き換える手術です。痛みの緩和や変形改善が期待できる反面、感染症や合併症などのデメリットが考えられます。

再生医療

近年、変形性膝関節症の新しい治療の選択肢として注目されているのが、患者さま自身の血液から生成した組織を利用した【再生医療】です。

変形性膝関節症の治療では、”いかに進行させないか”という点が重要なポイントとなりますが、再生医療はまさに進行を遅らせることを目的とした、根本的な改善が見込める治療法です。

「入院の必要がなく、メスを入れない治療」というのが大きな利点で、自分の体内にある組織を利用するので副作用のリスクも少なく、いま受けている治療で症状が改善しない方、手術はしたくないという方におすすめの治療法です。

その他の痛み

  • 首が痛い

    首が痛い

  • 肩が痛い

    肩が痛い

  • 腰が痛い

    腰が痛い

  • 股関節が痛い

    股関節が痛い

  • 膝が痛い

    膝が痛い

  • 足首が痛い

    足首が痛い

  • 交通事故で怪我をした方へ

    交通事故で
    怪我をした方へ

どんな症状でも
お気軽にご相談ください

ただの肩こりかと思っていても
実は大きな病気が原因の場合もあります。
体に痛み、しびれ、違和感がある場合は
どうぞお気軽にご相談ください。

011-850-1700(代表)
080-5836-1043(リハビリ直通)
050-5370-1052(予約専用)
WEB予約受付中