Case 症例から探す

腰部脊柱管狭窄症

セルフチェック

  • 長距離が歩けなくなった(歩くたびに休息が必要)
  • 立ったり歩くとふとももやふくらはぎなど脚に痛みや痺れがある
  • 腰掛けたり、前に屈むと楽になる

腰部脊柱管狭窄症とは

加齢性変化、労働、運動などで背骨に負荷がかかり、背骨(椎間板)が変形し、変形した部分が神経を圧迫することで下肢の痺れや痛み、腰痛といった症状が出ます。中高年に発症することが多いです。

腰部脊柱管狭窄症とは

治療

症状が軽い場合は、コルセットによる固定、消炎鎮痛剤や神経の血行を良くする薬の服用、神経ブロック注射、リハビリによる姿勢の改善や腰の安定化を行います。
下肢の痺れや痛みが強く、歩行障害や日常に支障をきたす場合は手術適応となります。

当院での治療の流れ

当院での治療の流れ
①「WEBサイト」か「予約専用ダイヤル」から新規診察予約

②診察日:レントゲンなどを用いて診察、必要に応じて薬物療法や装具療法、リハビリなどが処方されます。

③リハビリ:重症度に応じて、マッサージ・ストレッチ・運動療法などを実施し、症状に合わせて自宅でのセルフエクササイズも指導していきます。

合わせてお読みください

author

医学博士亀田 和利

平成12年札幌医科大学卒業後、道内外での病院や海外で臨床・手術の経験を積み、平成28年福住整形外科クリニックを開院。膝関節の治療(PRR療法、再生医療、人工膝関節)を専門としている

[所属]
日本整形外科学会整形外科 専門医、医療経営大学 准教授、人工関節学会、人工関節若手の会、日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医

どんな症状でも
お気軽にご相談ください

ただの肩こりかと思っていても
実は大きな病気が原因の場合もあります。
体に痛み、しびれ、違和感がある場合は
どうぞお気軽にご相談ください。

電話番号はこちら
WEB予約受付中
080-5836-1043(リハビリ直通)
050-5370-1052(予約専用)